2020/02/21

「塩ひとつまみ」用容器

主に3種類の塩を4種類の容器に入れて使っている。
焼塩、マルドンのフレーク状の塩、結晶塩(もしくは岩塩)。
味の差というよりは用途の差で。
焼塩をふりかける用の容器と 500ml の密閉容器に、塩フレークをちっちゃい密閉容器に、結晶塩をミルに入れている。
ふりかけ容器の塩は、ゆで卵とかにふりかけたりする、テーブルソルト的な使い方。
500ml の密閉容器のはパスタを茹でたりするときに、計量スプーンとかで使う用。
塩フレークは主に料理中につまんで使う用で、何かにひとつまみ加えたり、つまんで潰しながら粒の大きさをコントロールして焼いた肉とかに振ったりする。
結晶塩はミルに入れてるけど殆ど挽かずに使って、ホットケーキとかに混ぜてガリッとした食感と塩味をアクセントに使う用。

結晶塩はミル機能を殆ど使ってないので、これを塩フレークと同じ「ひとつまみ」用容器に入れ替えたい。
塩フレークを入れている密閉容器が結構気に入っていて同じものか或は似たものが欲しいのだけれど、どこで売ってったのか・・・。

容量は、100ml も要らん。
蓋を開けたときに蓋と容器とに分れてしまわないタイプの、ヒンジが付いててカパッと開くことができるタイプであること。
口は指が入る大きさで、底は浅めで、最後までつまめる必要がある。
密閉性はそこそこでOK。
素材はガラスもしくは樹脂で、ステンレスを含む金属は不可。

この条件で100均とか無印とかで探してみたんだけど、無い。
スクリューキャップとかで蓋と容器に分かれるヤツはいくらでもあるのだけれど、ヒンジ付きのヤツで丁度良いのが無い。
Amazon で探しても全然無い・・・。
と思ったら、フレッシュロックでお馴染みのタケヤ化学工業で「アクリルキャニスター」ってのがあった。
タケヤ化学工業のWebサイトで見てみると、これの 80ml ってのがあるらしい。
Amazon ではあわせ買いだったので、Yodobashi でバイナウ。

-----
役に立ったことがない私の灰色の脳細胞が、輪を掛けて役立たずになっている。

今年もこの季節がやって参りました。
そう、裸子植物エジャキュレート -> 免疫システム崩壊 -> 鼻からドロロの脳髄の季節。
取り敢えず基本的にはフェキソフェナジン塩酸塩を軸にしつつ、ヤバくなったらエピナスチン塩酸塩を追加する心構え。
d-クロルフェルマレイン酸塩とかアゼラスチン塩酸塩の時代より大分マシになったとはいえ、それでも多少頭がボンヤリ浮遊する感じはあるし、鼻腔がカリカリに乾燥したりする感じもある。

杉と檜は滅び去れ。

-----
Google 日本語入力、最近メッキリ頭が悪くて使い難いこと甚だしい。

2020/02/11

ES-339 何度目かの復活

これで、やっとのことで、私の ES-339 がまともに使えるようになった・・・と思う。
2014年の年末にネックを折って以来、直してもらっては暫く経って悪化し、を繰り返していたのだけれど。
前回のリペアでネック裏に補強を入れてもらったのだけれど、その補強部が剥がれてきて、こらあかんと。
イッペン自分で好きなように直したろうと思い立ったのが大体半年前。

マホガニーで作成されていた補強部品を剥がし、ブビンガで作り直す。
手作りしたのでめっちゃ時間掛かった。
ブビンガ硬くて手加工だとめっちゃ加工し辛い。
機械加工ができれば寧ろ細部が再現できて加工し易いのだろうけれど。
NC切削機が欲しい。
あ、あと光造形の3Dプリンターも。UVレジン高いけど。

そういや Autodesk の Fusion 360 が個人の非商用なら無料で使えるとの話。
最近使ってみてるのだけれど、操作が独特で未だ慣れん。
アレ慥か結構ちゃんとしたCAMも付いてたと思うので、NCデータ作り放題ですやん。
あとは切削機を手に入れるだけだ・・・。

さておき。
ネック側の、補強部品を剥がしたところも軽く研磨しておく。
トラスロッドとの間で木部が薄くなっているところとか、折れたときに木部が欠損していると思われる部分があり、この部分で補強部品との接着強度が下がってそうな感じだったので、硬度高めのエポキシを充填しておく。

できた補強部品を軽く脱脂してほんの少し硬度を落としたエポキシで接着。
Titebond もあるのだけれど、簡単に幾つか実験してみた結果、接着物間に隙間がある場合は特にエポキシの方が強度が出るっぽかった。
今回は手加工で補強部品を作っているので、隙間無く作っているつもりでも多少は隙間ができると推測されるので、エポキシにした。
それに私の家の夏場の高温多湿環境下ではエポキシの方がパフォーマンス出そうだし。あと Titebond では、ブビンガとの相性が微妙に悪そうに思えたので。

接着できたらブビンガの余った部分を落として整形する。
ボリュートを大きめにした。

塗装はウレタン+ニトロセルロース。
そこそこ厚めにした。

塗装が乾いたら組み上げて弦張って調整して完成。
やっぱええ音してますわ。

書くと簡単だけれど、思い出したときに一寸ずつ作業を進めて、結局半年ぐらい掛かってしまった。
放ったらかし期間が長いけど。
ボリュートを大きめにした分、ほんの少しだけネックシェイプが変わってしまった感があるけど、今の所問題無く使えてる。
取り敢えず弦張れてるので、最初の山は越えた。
いつもなら修理後半年以内ぐらいでひび割れとかが出てきたりしてたので、半年を超えて問題が出なければ次の山は越えたと言える。

2020/01/29

紅茶村探偵小説

元々紅茶村の出身だったがここ2-3年はコーヒー島へ移住していた。
然し最近、紅茶村へ戻ってきた。
ウム、紅茶のが美味ぇ。

で茶菓子よ。
夜、紅茶を淹れて Amazon Prime Video で BBC の推理ドラマとかを観ながら口にすべき菓子が無い。
アルフォートとかブランチュールとか、或は板チョコを割ったヤツとかならあるのだけれど、あったらあっただけ食べてしまうし腹の周りに付きそうで怖い。
ミックスナッツはなんか一寸違うな感じだし。
一寸味が重いのかね?
ミックスナッツはウィスキーならまだしも、紅茶という感じではない。

少しずつ、ずっと食べてられるヤツがいい。
カロリーオフのちっちゃいビスケットアソートとかがあればいいのだけれど。

結局茶菓子代わりに オートミール + オールブラン + グラノーラ に牛乳をかけずにそのままティースプーンでモソモソ食べたりしているのだけれど、そんなに美味くはないし言う程カロリーオフでもないし食べ易くもないし。

因みに最近は Death in Paradise をよく観ている。
昔ながらの探偵小説の構成になっているのが好い。
シンプルにあるべきものがあるべきところにあるだけという稀有なドラマ。
あとなんか名前が好い。この名前じゃなかったら観ようと思ってなかったと思う。

2020/01/25

Steinberger のパチもん

Steinberger。
私の Les Paul が重過ぎる反動で興味を持ち、一寸欲しくなってしまった。
現行版は4万円前後で、ギターとしては安い部類に入るし買えないでもない値段だが、4万円というのは一寸本気を試される価格でもある。

-----
Steinberger のパチもんを Amazon で買ったらしい。
余り記憶に無いのだけれど、届いたんだから多分そうなんだろう。
でもなんとなしに、そういえば、心待ちにしていたようにも思える。
よくよく思い出してみると、慥か ¥10,700- だった筈。
その商品ページの画面の映像記憶がある。
まあこの値段なら買ってしまった私を責めることはできない。
居合わせた友人に「これは10,700円だった」というような説明したら、その友人からは呆れたような感情が感じられたが、表面上は興味を持つような素振りをしており、その身に染み込んでいる社交技術的振る舞いが自然と滲み出てしまっている。

取り敢えず弦交換だ。
ヘッド側はイモネジで弦が固定されているが、Steinberger 専用弦も使えるようになっているような形に穴が空いている。
その上の部分、普通のギターで云う所のヘッド部に、飾りとして妙な彫刻の真鍮板が取り付けられているが、ダサいし邪魔だしギターケースに入れたら折れ曲がりそうなので、今度切り落としてしまおう。
弦を外そうとしてブリッジのペグを回すと、ペグが捩じ切れてしまった。
よくよく見てみると、ペグの先のネジ部がプラスチックでできている。そして何故か熱で融けたようになっている。
早速ゴミ。

ネックを見てみると、フレットがバラバラの間隔で打ち込まれており、ギターの体を成していないように見える。
而もフレットが硬質のプラスチックでできている。
いや、もしかしたらこれは実は琵琶とかシタール的な何かで、そういう音とか音階とかの楽器として使えるのかも知れない・・・。

目線を上げると居合わせた友人が今度はちゃんと馬鹿を見る目をしている。

・・・という夢を見た。

2020/01/18

黒いシミの付いた鼠色のパーカー

私は大抵いつも何かを酷く後悔しながら生きているのだが、一つのことを後悔し続ける時間は長く保っても精々1時間程度に過ぎない。

-----
どうやら私は、何日か前に人を殺したようだ。
思い返してみれば、別に劇的に恨んでいた訳ではないように思える。
一瞬の激情に駆られた訳でもないし、殺人の工程をきちんと計画した訳でもない。
何かの間違いで殺してしまったのではないし、どうしても殺さざるを得ないような状況に陥った訳でもない。
只、殺そうと思って、殺した。
只、一寸した苛立ちが積み重なって、ああ殺そうと思って、殺した。

鼠色のパーカーと黒のパンツに染み込んた血がもう黒くなって固まっている。
そうだった。こんなところに隠していたのだった。
こんなところ、簡単に見つかってしまう。
隠し場所を変えたいのだけれど、どう持ち出しても人目に付く。
うまく持ち出すことができれば、細切れにして毎日少しずつ焼いて、ゴミとして捨てるなり下水に流すなりできるのに。
あんなしょうもないヤツを殺してしまったばっかりに。

ああ、面倒なことになった。
あんなしょうもないヤツ、殺さなければよかった。

併しどうやって殺したのだったか。
恐らく包丁で刺したんだろう。そんな気がする。
包丁で刺すという行為が、あいつと私の関係性を示すのに一番相応しいと思う。

でも刺したにしてはパーカーに付いた血が少ないように思える。
死体も、どうしたか覚えていない。
でもうまく処分したような気がする。
じゃあ何故服だけがここにあるのだろうか。
多分、夜の間にここに隠したのだが、そのときはここがこんなに人目に付く場所だとは思わなかったんだ。
馬鹿だなあ、私は本当に馬鹿なんだなあ。
一寸その気になって想像力を働かせれば簡単に解ったことなのに。
ちゃんと考えなければならないところで、私はいつも考えることを面倒臭がるのだ。
想像力を行使しない人達を私は馬鹿にして嫌悪しているが、そうだった、私もその一人だった。
馬鹿であるということは、とても不安なので、それで居直っているうちに、自分が馬鹿であることを忘れてしまうのだ。

これがこんなところにある所為で、私の殺人が露見してしまう。

ああ、面倒なことになった。
あんなしょうもないヤツ、殺さなければよかった。

・・・という夢を見た。

2020/01/14

ギリ Windows 10

古いけどまだまだ現役だった Windows 7 機。
Windows 10 を入れようとしたら SSD が頓死なさる。
BIOS の時点で認識されなくなってしまった。
別の SATA ポートに繋いでも駄目。

なので急遽新しい SSD を買ってきて、一旦 Windows 7 を入れて Media Creation Tool を使って Windows 10 にアップデートした。

Windows 7 を入れた段階で M-Audio FW410 を含むドライバ類を入れておいて、そこから Windows 10 にアップデートすることにした。
ホントウは Windows 10 を入れた後に Windows 10 用のドライバを入れるのがいいのだろうけれど、FW410 が Windows 10 に正式には対応していないので、一応念の為 Windows 7 の時点でそのドライバを入れることにして、その序でに他のドライバも全部入れちゃった感じ。あと LAN のドライバは Windows 10 のファイルをダウンロードするのに必須だったし。
一応今のところ FW410 もちゃんと動いている。

あと Windows 7 を入れたその日のうちに Windows 10 にアップデートしたので、Windows 7 を入れた時点ではライセンス認証が完了しておらず、そのままアップデートしようとして「ライセンスが無ぇ」と怒られ、Windows 7 用のプロダクトキーを入れたら「無効なんじゃ」と怒られたけど、一旦アップデートを中断して手動でライセンス認証したら問題無くアップデートできた。

SSD が新しくなって、古い SSD に比べて読み込み速度も結構上がってるしほぼクリーンインストールだしで、起動とか一気に早くなった感じがする。
M.2 PCIe3.0x4 の SSD で AMD Ryzen 5 3600 搭載の最近新調した PC と比べても遜色無い感じで、寧ろそっちが何しとんねんという気分。

古い SSD は死亡したと思われたが、安い SATA-USB 3.0 ケーブルを買ってきて PC に繋いでみたら一応中身は見ることができた。
いくつかのファイルが壊れてそうな雰囲気だけれど、重要なファイルは一通り抜き出すことができた。

2020/01/12

Intel 入ってない

つい最近までメインPCは Windows 7 だった。
結構古いPCだけれど、普段遣いなら全然イケてた。

でもちょい前に、そろそろ Windows 7 のサポートも終了になることだしということで、PCを新調した。
Intel 入ってないヤツ。
AMD の CPU。
ベンチマークサイトなんかとにらめっこしながら、Intel Core i5-9600KF と AMD Ryzen 5 3600 とで迷って、AMD になった。
なんやかんやで普段使いメインなら Core i5-9600KF で組んだ方が少し安くなったしトータルのバランスは良くなりそうだったんだけれど、PCI-Express 4.0 対応に惹かれて AMD になってしまった。
マザーボードは X570 チップセット搭載のヤツで、一応 PCI-Express 4.0 が使える状態。
でも PCI-Express 4.0 の恩恵を得られるような作業をする訳ではないのだけれど。
ブートドライブを M.2 の SSD にしたんだけど、そうすると SATA の配線が一つ減るだけでPCの中がすげースッキリした感じがする。
PCI Express 3.0x4 + NVM Express 1.3 でめっさ高速やし。
古いPCと比べて色々大分高速化している筈なんだけれど、普段使いではあんまし高速化を実感することは無いかね。
やっぱゲームとかせんといかんのか・・・。

古い Windows 7 機。
オーディオインターフェースに M-Audio の FireWire 410 をずっと使っていたのだけれど、ドライバが少なくとも公式には Windows 10 に対応していない。
而も FireWire 410 は FireWire インターフェイスのチップが Texas Instruments のものでなければまともに動かないので古いPCにはTIチップ搭載の FireWire インターフェイスを載せてるのだけれど、コレが昔懐かし PCI 接続。
新しいPCに FireWire 410 用のドライバインストールができたとしても、TIチップ搭載の FireWire インターフェイスの PCI Express 版のを買い直さなければならない。
6,000円ぐらいする。
一応 USB 2.0 の M-Audio Fast Track も持ってるんだけど、これもまたドライバが Windows 10 に対応していない。
あとオーディオインターフェースとメインのオーディオ用アンプとは光もしくは同軸の S/PDIF で繋ぎたいのだけれど、S/PDIF 搭載の USB オーディオインターフェースを新調しようとすると結構な出費になる。
つうことで Windows 10 だとこの辺のオーディオインターフェースが使えなくなる可能性があり、古い Windows 7 機をすぐ Windows 10 にアップデートするのは躊躇われた。

ちなみに新しいPCには取り敢えず Behringer UMC204HD を使っている。
安かったし、USB バスパワーで動くのでモバイル用途にもいいし、取り敢えず買う分には機能的にも価格的にも丁度良かった。
S/PDIF の I/O は非搭載だけれど。
実際使ってみて、音も悪いという感じはしない。すげー良いという訳でもないけど。

古いPCは取り敢えず Windows 10 にアップデートしようとは思っていたけれど、まあいつでもいいかと思って、アップデートアシストのプログラムだけダウンロードして放っておいた。
でもそろそろヤバいかと、今日になってやっと古いPCを立ち上げてダウンロードしておいたアップデートアシストを実行したんだけど、途中でブルースクリーン。
再起動してみると Windows がハングりやがる。
なんでやねん。
何度か再起動していると、遂にはブートドライブにしてた SSD が認識されなくなってしまった。
まさかのこのタイミングで SSD がお隠れになる。
まじで☆マジカ。
結構大事なドキュメントとか入ってるのに。

取り敢えず古いPCもまだ使えるので、新しい SSD 買って、それに一旦 Windows 7 入れて、Windows 10 にアップデートすることにする。
死んじまった SSD はどうしたものか・・・。
どうにかデータだけでも吸い上げられないものか。

つうことで、バックアップって大事よね、という話。

2020/01/02

新年早々首が痛い、遅延フィードバック型ニューラルネットワーク、Amazon Recipe

半年前ぐらいに購入して放ったらかしにしてた PS4 の Skyrim。
買ったものの、イマイチやる気にならなかったのだけれど、やったらやったで結構面白い。
ダラダラとやり続けていつの間にやら夜明け前。
首が痛い。

あと Red Dead Redemption 2 も買ってるんだよなあ。

という新年。
明けまして特におめでたくもない。

-----
なんとなしにマインドマップアプリみたいなのが欲しくなりまして。
どんなマインドマップがいいのか、自らの欲求を明確化すべく考えるともなく考えて。

各概念(トピック)を線で繋いで、その繋がりの強さが数値的に重み付けされるようにすれば、どの概念が重要なのかが浮き彫りになるんじゃないかと。
或ひとつの重み付けが変更されると、それに影響されて他の重み付けも変更されていく。
他の重み付けが変更されると元の重み付けにも影響が出る。
これらの変更とその反射は同時に起こると考えると厄介そう。
波が返ってくるように、順々に、所々遅延を挟みながら起こっていくようにした方がシックリ来そう。
あ、この考え方ってニューラルネットワークにも使えんじゃね?
これを「遅延フィードバック型ニューラルネットワーク」とでも名付けよう。
あれ?私天才なんじゃね?

とか思ってググってみたら、既にそういう話はあるのだ。

つうか多分どっかで読んで、一旦忘れて思い出したのを自分で思い付いたかのように勘違いしただけだ。

-----
Amazon で調味料とかを買ったりする。
例えばアンチョビでも買ったとしようか。
アンチョビにも色々あって、品物に拠って味やら使い道やらが違ったりする。
それは実際に買って使ってみるまで判らないってこともある。
然し私は、例えばこのアンチョビはこのオリーブオイルと合わせてこのパスタでこんな調理法で食うと最強、とか、そいういうことが知りたかったりする。
つうことで、Amazon の商品ページにレシピが載るようになったらいいのに。
新サービス、Amazon Recipe。
とか始まらんかな。